meet-meの記録(跡地)

普段のmeet-meでの生活を書き連ねたものです

タグ:運営スタッフ100

ブログネタ
meet-me4件目 に参加中!
今回は、いつもよりカオス(?)なひよこ塾でした。
なので、タグもいつもより多め・・・

その前に・・・

 mm_2014_02_12_171457

なんというきれいな(?)水やり・・・

mm_2014_02_12_171946

100さん、後ろ、後ろ!

mm_2014_02_12_174729

 ということで、今回の出張パトロールは100さんでした。
ちなみに、 51さんみたいなのは、フレンドさんです^^

mm_2014_02_12_175508

チョコレート配布がこんな人じゃもらう気失せる・・・のは気のせい?

mm_2014_02_12_180034

ここまで100さん、続いて91さんです

mm_2014_02_12_180058

今日のひよこ塾は、なんと91さんの担当でした!
100さん、91さんときたら、150さんだと思い発言しましたが・・・

mm_2014_02_12_180158

mm_2014_02_12_180306

なんか、51さんや102さんでもないひよこ塾にすごく違和感が・・・

mm_2014_02_12_180520

mm_2014_02_12_180533
 
今回は、家めぐりのメッカと化してる笹塚です。 

mm_2014_02_12_180643

mm_2014_02_12_180810

どうみてもマラソン部中にしか見えない^^;

mm_2014_02_12_180851

ということで、1軒目
おじゃましまーす・・・

mm_2014_02_12_181023

お好み焼きです。

mm_2014_02_12_181413

カウンター目線で。

mm_2014_02_12_181440

・・・あれ?

 mm_2014_02_12_181443

むむ?

mm_2014_02_12_181630

150さん、ご来店!
まさかフラグだったとはw

mm_2014_02_12_181642

mm_2014_02_12_181654

mm_2014_02_12_181801

以上、150さんでした。

mm_2014_02_12_181851

いくぅ~って言ってる割に来なかった・・・

mm_2014_02_12_182057

続いて2軒目。

mm_2014_02_12_182220

mm_2014_02_12_182239

mm_2014_02_12_182248

mm_2014_02_12_182521

mm_2014_02_12_182545

mm_2014_02_12_182824

91さん、痛恨のミス!

mm_2014_02_12_183002

では、次の家に・・・

mm_2014_02_12_183036

って、家じゃな~いww

mm_2014_02_12_183151

mm_2014_02_12_183403

そして、なぜか走る・・・

mm_2014_02_12_183640

気を取り直して、最後の家に・・・!

mm_2014_02_12_183706

mm_2014_02_12_183752

見事なところだ・・・

mm_2014_02_12_184013

撮り鉄してみたww

mm_2014_02_12_184024

しかし遅いN700系だな~w

mm_2014_02_12_184051

これで、今回のひよこ塾はおしまい。

~おまけ~
この後、たこさんらと一緒に、87さんの家に行きました

mm_2014_02_12_185007

mm_2014_02_12_185651

他人の家を平気で濡らす人

mm_2014_02_12_190009

~おまけ~終わり

それでは!
それにしてもこのタグの多さww 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
meet-me3軒目 に参加中!

とある手記にこう記されていた・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは、西暦〇〇年のことである。

とあるところで初心者に親切に釣りを教えていたスタッフがいた。

ところが、突如、そのスタッフは赤鬼の格好になり、 徘徊を始めたという。

そのスタッフを見ていたユーザーが、試しに恐る恐るその赤鬼にクリック(タッチ)したら、元のスタッフの姿に戻ったという・・・

のちに、このことを「赤鬼の呪い」とされ、伝説とされた・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手記のこのページは、ここで途切れている。

しかし、この手記の解析を進めた結果、この文章には続きがあった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのユーザーとスタッフは、無事に”赤鬼のお面”を封印するすることができた。

しかし、この呪いは強大であり、永久に封印することが出来なかった。

数年後、赤鬼について研究する博士が、衝撃の発言をする。

「あのお面は完全に封印されていない。2014年2月1日。また災難が訪れるだろう・・・」と。

我々は、今後赤鬼について研究していかなければならないだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、2014年2月1日。あの日がやってきた・・・
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ